今回は、「仮想通貨投資を誰かに教えることでお金を得る方法」を解説します。
これは有名な言葉ですが、ゴールドラッシュ時代に大金を稼いだ人が言った言葉です。
「金を掘るよりも、金を掘るために必要な道具を売った方が稼げる」という言葉ですね。

仮想通貨も、まるでゴールドラッシュかのように、人々が殺到していますが、もしかしたら「仮想通貨投資を誰かに教える事」の方が稼げてしまうかもしれません。
今回は、そんな仮想通貨を誰かに教える事で稼ぐ方法について、いくつか紹介したいと思います。

1つ目は、「情報商材の販売」です。
これを言うと批判的になる方もいるのですが、情報商材は全てが悪いわけではありません。
きちんとした情報商材もあり、仮に何十万とするものであったとしても、その見返りがあるような情報商材もあるのです。
ただ、「詐欺商材」というのが巷に蔓延してしまっているのもまた事実ではありますが。

この情報商材の販売は、一つあたりの単価が普通に20万とか30万、場合によっては100万だったりします。
つまり、皆さんが作った商材を1人の人が買ってくれただけで、数百万、あるいは一千万にまでなるというビジネスです。

「20万とかの商材って売れるの?」って思うかもしれませんが、売れます。
どうしてかと言うと、例えば20万の商材を買って、その商材に書いてある事を実践して、1000万儲けることが出来るのだとしたらどうでしょうか?
約980万の利益ですよね。
それならば、「20万くらいいいか」という思いで買ってくれる人がいます。

情報商材の販売は、SNSやYouTubeで集客して、メルマガに誘導して、そこで販売するというのが一般的な方法です。

2つ目は、「アフィリエイト」です。
仮想通貨投資のアフィリエイトの単価は高く、1件成約する毎に1万円とかもらえたりします。
なので、月間1万PVで成約率が1%だとすると
それだけで「月収100万」です。
凄いですよね。
しかもブログには、資産性があり、一度月収100万に到達すれば、継続的に100万円近くの収益が見込めます。

また、情報商材に比べて売りやすいというのもメリットの一つです。
これはどういう事かというと、情報商材は20万とかするので、みんながみんな買ってくれるわけではありません。
対して、このアフィリエイトは0円で登録する事もできるので、たくさんの人が成約してくれます。

今回は、仮想通貨投資を教えることで稼ぐ方法について、解説しました。
参考になれば幸いです。